Aromatherapy & healing

アロマテラピー&ヒーリング

 

“アロマテラピー”って、どんなイメージをお持ちでしょうか?

ろうそく使ったポッドで・・・お風呂で・・・何だか小さい瓶の香りを嗅いで・・・アロマテラピーでは主となるのがエッセンシャルオイル(精油)。またそれに加えてキャリアオイルと呼ばれるオイルも使用します。

ここで少し、想像してみてください。地球上にある何万種という植物と・・・太陽の光。水と空気。豊かな大地。植物はこれらから、酸素をはじめ実にさまざまな物を創り出します。先程のオイル類も植物の、純粋な生産物なのです。アロマテラピーとはそうした自然の恵み、エッセンシャルオイルをはじめとする?様々なオイル・基材を用いて行う施術・手技、“芳香療法”の事です。アロマテラピー“芳香療法”自体が確立されたのは近年の事です。

ですが歴史的にみますと、そのルーツはとても古いものです。そして奥が深い。“芳香”という、目に見えないものを使う、不思議で興味深い世界です。“芳香療法:アロマセラピー”で最もよく知られているのは・・・エッセンシャルオイル(精油)の“香りを嗅ぐ”、という行為ではないでしょうか。これは、“芳香療法”としての性格を、正に示しています。

でも、それだけがアロマセラピーではありません。精油を先程のキャリアオイルと共に身体に塗り、マッサージを行ったりもします。そうやって精油(+キャリアオイル)の有効成分を体内に取り入れるのです。また同じ“嗅ぐ”といっても、蒸気など利用して肺から吸入したりする事もあります。例えばお風呂でエッセンシャルオイルを使うと、“鼻から嗅ぐ”+“肺から吸入”+“皮膚から吸収”と、同時に色んな事を行っているわけです。方法としてはその他にも様々な方法があります。また、その時に使う精油の組み合わせは無限にあるといっても過言では無いでしょう。

そうやって目的に応じて、・100種類以上あるエッセンシャルオイル(精油)・何十種類もあるキャリアオイル・その他の様々な基材の中から、目的と好みとあわせて使ってゆきます。それらの成分・栄養分などといった有効成分を取り入れることで、それぞれの成分に応じた影響を身体の各器官に与えます。つまりアロマテラピーの原理は、化学反応なのです。そして“心と身体、どちらにも働きかけ、癒す”。それがアロマテラピーの醍醐味と言えるでしょう。

日常のアロマセラピーは免疫系を始め、身体の底力を上げてくれます。また気分が落ち込んだ時、心地よい香りはあなたの忘れていた喜びに気づかせてくれることでしょう。本物の精油の香りは心を落ち着かせ、元気をわけてくれます。

詳細は、お気軽にお問い合わせください。